あなたは誰を生きてるの?

先日のこちらからご感想をメールでいただきました。

ご本人の許可をいただいてご紹介します。

> タコ宇宙人と左右の思いこみ。

フラットランドも読んでくださったそうです。

== ここから ==

私も試しに、紙に文字を書いて実験してみました。

薄い紙にひらがなを書いて、それを光に透かして裏側から見てみたら…
『!』となって、
『前後が反転』してる感覚を、自分なりに理解しました。

そしたら、

右も左もなく、前も後ろもなく、
上も下もないような…

般若心経で説かれているような世界観を感じました。

発見があったので、ご報告したいと思いました☆

== ここまで ==

Yさん、シェアをありがとうございます。

易とは、もともと変化という意味があります。

そのため、易は

「ブック オブ チェンジ」

と呼ばれますが、チェンジ……

僕としては、

「バリエーション」

という感覚があります。

まあ、どちらも日本語にすれば「変化」なんですけどねえ。

地球は、経験する星です。

それこそ、バリエーション豊富な種々経験をするための。

その経験には、もちろん

良い経験もなければ、悪い経験だってありません。

そこに、良い、悪い、と判断している自分がいるだけです。

その、良い、悪い、をどうやって判断するようになったのか?

それは、誰かにそう教わったから、ではないでしょうか。

ここでは、その誰かに「先生」という言葉を使いたいと思います。

先に生きる者を「先生」といいます。先に人生を歩んできた数多くの「先生」から、知っておくべき常識や既存システムについての仕組みとルールを教わり、そこにこめられた評価や判断を背負うようになりました。その評価判断は「先生」たちによれば、生きていくために必須の能力、なのです。そのうち、色々なものを背負い込み、やがて誰もが「先生」の目を通して、この世界を眺められるようになります。

そんな僕たちの大切なリュックサックは正誤の判断で、いっぱい、いっぱいです。

そして、いつの間にか。

幸せな人生を生きていくためには、自分を変えなくてはダメなんだ、そう思い込むようになりました。

弱くて欠点だらけの自分を上書きする、魔法の絵の具が必要なんだ、そう思い込むようになりました。

自分以外の誰かにならなくちゃ、いけない。

そこで……

バリエーション

に氣がつけば、すべては一瞬で変わります。

もともとも光に色はついていません。それは無色透明です。

しかし、その光には可視放射。ヒトの目でやっと見える波長の帯域があって、特定の波が紫に見えたり、赤に見えたりしています。

この目から見えている波長は?

それは電磁スペクトルのうち、ほんの1%もありません。

この耳から聞こえてくる音は?

耳に届いている周波数のうち、ほんの1%もありません。

こうやって、あなたが立ち止まって文字を呼んでいるほんの2、3分の間に、あなたの身体は少なくとも100kmは移動しています。

その高速で移動し続けるあなたの身体は99%が、水素H、酸素O、炭素C、窒素N、4つの元素で構成されています。その他の元素、例えばカルシウムCaはほんの0.2%程で、それがなければ身体を維持できません。また、そのすべての元素もその大きさの10万分の1しか存在せず、実際には、残りの99万9999は空っぽなんです。

誰もが点の存在。

そのほんの極わずかな、宇宙のヒトカケラを受け取り

僕たちは自分の世界を100%創りあげています。

自分を変える旅から、自分に還る旅へ。

いいね!で最新情報を受け取ることができます。

牧野内大史(まきのうち ひろし)作家、コンサルタント。著書に『人生のシフト』(徳間書店から)スピリチュアル翻訳者として著名な山川紘矢さん 亜希子さんご夫妻 あさりみちこさんとのセッション本(ヒカルランドから)や、監修翻訳を担当した『ソウル・オブ・マネー』(リン・ツイスト著)等がある。2014年にIFEC(国際フラワーエッセンス会議)に日本人ゲストとして登壇した。長野市在住。