エネルゲイアは開花状態。

キーネーシスとエネルゲイア(開花)

その「実現」について。

思うことは、思うことで実現する。

思うことは、思うことをラグ(遅延)なく実現します。

当たり前すぎて大したことないと思われがちですが、これは人間が忘れ去ってしまった能力のヒントです。どうしてかというと、ラグなんて存在しないことに氣づいてしまうからです。

今「チョコレートを食べたい」と、思う。

するとそれを思った瞬間に、その「チョコレート」はすでに思考の中に現れています。

その意味で、思うことは、思うことで実現します。即。

ここで、そう思ったことによって何も無いところからチョコレートを引き寄せられるんだ、現実でもチョコが手に入るんだ、と考える人は、もうひとつ大切なことを忘れています。

現実世界にも「思う」にあたる表現があるんです。

それは、「行動」です。

ですから、現実では現実で思う(=行動)ことが必要です。

そして、さらに、

行動は、行動することをラグ(遅延)なく実現します。

もし、行動することでどこか特定の場所にあるゴールを目指すのであれば、そこまでの距離と時間がかかります。それは哲学者アリストテレスがいっていた「キーネーシス」のようなものです。キーネーシス(運動)には、ゴールが設定されていて、そこまでの移動や達成が目的にあります。その目的は、仮に設定された未来の展望、でしょう。

でも実際のところ、

行動をはじめたら、その行動は確かに実現しています。

実現していないのは、仮に設定された未来のどこか、です。

今この瞬間に実現していることとつながる。

このような視点をアリストテレスは「エネルゲイア」(現実態)と呼びました。

現実態だと、わかりずらいかもしれないのでマッキー勝手訳で

エネルゲイアは

「開花している状態」のこと。

それは 開花状態 です。

僕たちが何かの行動を起こすとき、そこには目指している結果があります。それがゴールです。

誰もが可能性を持っていて(デュナミス)何かに向かって動くと(キーネーシス)そこにはスタートとゴールが生じます。長野駅まで歩き始めたのなら、長野駅に到着するまでがゴールです。長野駅に辿り着かなかったら何の意味もありません。

エネルゲイアというのは

スタートとゴールが同時に起きること。

それはスタートとゴールが同時に消えること。

何かを行いながらも、すでにそれが完結している

開花状態です。

キーネーシスはゴールに至るまでは、それは未完成だ、といわれます。エネルゲイアはいつでも完了していて、それを行っている状態自体が、完成で完全なもの、となります。

さて。

僕たちの人生は、キーネーシスなものでしょうか?

それともエネルゲイアでしょうか?

自分を変える旅から、自分に還る旅へ。

いいね!で最新情報を受け取ることができます。

牧野内大史(まきのうち ひろし)作家、コンサルタント。著書に『人生のシフト』(徳間書店から)スピリチュアル翻訳者として著名な山川紘矢さん 亜希子さんご夫妻 あさりみちこさんとのセッション本(ヒカルランドから)や、監修翻訳を担当した『ソウル・オブ・マネー』(リン・ツイスト著)等がある。2014年にIFEC(国際フラワーエッセンス会議)に日本人ゲストとして登壇した。長野市在住。