君よ、ハートの反逆者たれ。

「創造は、この世でもっとも偉大な反逆である」 OSHO

創造はあらゆる条件付けを外すということ。

創造は、あなたが自分の道を発見することです。

他でもない「わたし」が「わたし」を生きるということ。

ハートから、その一歩をはじめるということ。

それは、いつの時代も「反逆」なのです。

あなたがあなたを模したパーマンのコピーロボットと入れ替わったとして。

その入れ替わりに氣がつく隣人はいるでしょうか?

74億の隣人は氣づかないかもしれません。

それでも、たったひとり、「わたし」だけは必ず氣づくでしょう。

きっと、その「わたし」の本質とは、

誰でもなることができれば、誰でもないこともできる存在です。

「わたし」自体は、それが誰であるか(コンテンツ)の中のどこにもいない、ということです。

それはコンテンツの外にあるコンテクスト。

コンテンツは、

向かうゴールや、人生の目的や、目標達成。

それらがその存在の「内容」をかたちづくっています。

その「内容」に到達すること自体は、コピーロボットにも可能です。

そう遠くない将来、NASAも研究している量子テレポーテーション技術が実現されて、自分のすべての情報をコピーできるようになったとします。そうやって複製された自分は、自分のあらゆる記憶と、あらゆる身体的特徴をそのままコピーしています。両方の自分はそっくりで、とても見分けがつくものではありません。

それでも「わたし」だけが、こちらが「わたし」であると氣づいているはずです。

「わたし」とは、他の何にも還元できない存在です。

私にしかできないことは、「わたしの人生を生きること」に他なりません。

それはコンテンツにはありません。

「わたしの人生を生きること」とは、その内容のどこにもありません。

ですから、これは「わたしの人生という内容を生きること」とはちがいます。

不思議なことに、それは他でもない自分以外の、何者にも実現できないことです。

その力を僕はこう呼びます。

パーソナル・パワー。

それは、人生の内容でもなければ、その人生の登場人物ですらありません。それがコンテンツに関わることでしたら、コピーだって同じコンテンツを実現できてしまうのですから。

君よ、ハートの反逆者たれ。

自分を変える旅から、自分に還る旅へ。

いいね!で最新情報を受け取ることができます。

牧野内大史(まきのうち ひろし)作家、コンサルタント。著書に『人生のシフト』(徳間書店から)スピリチュアル翻訳者として著名な山川紘矢さん 亜希子さんご夫妻 あさりみちこさんとのセッション本(ヒカルランドから)や、監修翻訳を担当した『ソウル・オブ・マネー』(リン・ツイスト著)等がある。2014年にIFEC(国際フラワーエッセンス会議)に日本人ゲストとして登壇した。長野市在住。