選択肢が自分にあるということ。

「選択肢がない」と感じたとき、多くの場合は認識が制限されています。

でも、人生には往々にして「選択肢がない」と感じる状況はあるものです。

多くの人は選択を避ける傾向があります。

選択の結果を引き受けるよりも、「選択肢がなかった」と考える方が氣が楽だからです。

すべての重荷を回避する効果的な方法は「選択肢がない」であり、「選択するだけの能力がない」と自分のセルフイメージを極端に下げてしまうことです。

自分が望んでいないことをやらなくてはいけないと考えると、人は自動的に「自分にはそれをするだけの力がない」というふうにセルフイメージを下げます。実際にビジネスの現場を少し見渡してみれば、そうやってサボタージュ(仕事の能率を下げること)が引き出されている状況はすぐに見つかります。

自分が選択しよう。

ということを、自分が心から望んでいて、そのことにブロックがない状態にならなければ、とても

「自分にはそれだけの能力がある」

とは思えないものなんです。

人は、追い詰められていれば、追い詰められているほど、

「自分は正しい答えを知っている」という確信におちいります。

つまり、手っ取り早い方法に飛びついてしまうということです。

手っ取り早い方法は、ほとんどの場合、後ろめたい選択です。

このことが自分のセルフイメージをさらに下げます。

それでも、それがすべての答えのように見えてしまうものです。

ここで本当のことは、盲点の向こう側にあります。盲点とは、マリオット暗点ともいって、紙に2つの点を書いて片目でみつめると発見できるものです。

きっと、子どもの頃に実験したことがありますよね?

それは視神経の束の部分にあり、その場所にくると絵がふっと消えるんです。

●          ✕

このように紙に描いて、右目を閉じた状態で左目だけで✕を見ます。
そのまま顔を近づけていけば、●が盲点に届いた瞬間にふっと消えます。

消えた場所には確かに「背景」がしっかり見えています。

不思議なことに……。

「見えていないもの」は、「見えていないこと」自体に、氣づかないものです。

生活の中で、自分の視界に暗点があることには氣づきません。

これは重要なポイントです。

僕たちの優れた認識力は、黒い暗点をグラビア加工のPhotoshopのように、自然に「なかったこと」にしてしまうことができます。ホクロを消すみたいにね。

自由とは何か?

様々な選択肢を自由に選ぶことができることでしょう。

もし、自由が欲しかったら?

知識でもなければ、特別な能力でもありません。

ここで必要な力は、ほんの小さくて根本的なものです。

まず「認識」を回復する必要があるんです。

Photoshopで都合の悪いものを消すように、ちょちょいと忘れてしまったその能力です。

それが認識です。

認識しなければ、選べること自体を知りません。

認識を取り戻すことです。

明日、電子書籍(Kindle)で新刊が出ます。これはまたブログでお知らせしますね。

自分を変える旅から、自分に還る旅へ。

いいね!で最新情報を受け取ることができます。

牧野内大史(まきのうち ひろし)作家、コンサルタント。著書に『人生のシフト』(徳間書店から)スピリチュアル翻訳者として著名な山川紘矢さん 亜希子さんご夫妻 あさりみちこさんとのセッション本(ヒカルランドから)や、監修翻訳を担当した『ソウル・オブ・マネー』(リン・ツイスト著)等がある。2014年にIFEC(国際フラワーエッセンス会議)に日本人ゲストとして登壇した。長野市在住。