Sign up with your email address to be the first to know about new products, VIP offers, blog features & more.

自分よりもちょっとエラいスタンド。

誰のとなりにも

「自分よりもちょっとエラい他人」がいる。

この「自分よりもちょっとエラい他人」は、様々な教育によって埋め込まれるスタンド。

ほとんどの人は知らないことだが、あらゆる教育(マーケティング)の本質にあるのは、どのように効率良く「自分よりもちょっとエラい他人」を仕掛けることができるか、にある。その断片は、もしかしたらテレビCMやコンビニに並んでいる雑誌や、街のあらゆる空氣感に発見できるかもしれない。

すべての広告はあなたに語りかけてはいない。あなたのとなりにいる「自分よりもちょっとエラい他人」がその言葉をリピしてくれるように、巧妙に語りかける。結果、

「自分よりもちょっとエラい他人」は、自分に対して色々と指示をしてくれる。

kafka2

「君はそんなことをしてはいけないよ」

「こうなるから、君はこのようにしなくてはいけないよ」

自分にとって未知の自分と出会う機会があれば、すかさずアドバイスをしてくれる。

「そんなの、君らしくないんじゃないかな」

「君には無理。絶対、君には向いていない」

そこにはTSIを基盤とした、理にかなっているメッセージがこめられている。

「君は明日こそ幸せになるのだから、その準備として今日は幸せじゃない選択をしよう」

このアイデアは積極的に誰かをコントロールするために採用されてきた。

明日の王は、今日の奴隷。

そして永遠に今日が続く。

多くの人は「過去の人生の積み重ねがあって、今日という日を生きている」と普通に思い込んでいる。過去の自分が創り出した「結果」としての今の「状況」に、他でもないこの自分は左右されている……それは至極当然のことのように思える。

「自分よりもちょっとエラい他人」は、常に正しい選択をするように強く勧める。

自由意志なんて、幻想に過ぎない。

そこにあるとしたら「何を選ぶべきか?」だけで、脆弱な人間はポジションパワーがある場所からやってきた正しいピンボールに従うだけ。人間ひとりひとりの存在は時計じかけのオモチャにすぎない。

だから、「自分よりもちょっとエラい他人」が指差す選択肢を、ときに「しょうがないから」といって自らの意志に反するかのごとく自らの意志で選択し、ときに「これが欲しいから」といって自らの意志通りであるかのごとく自らの意志で選択する。

「自分よりもちょっとエラい他人」

埋め込まれたそのイメージを、かつての自分が自分の力を使って創り出したことに氣づくと、それを扱えるようになる。そこに仕組まれた発言は、インコやオウムの鳴き声みたいなものだ、と見破ることができる。すると、自然と外からやってくる声に振り回されないようになる。

そして、ある朝

「自分がどう在りたいか? そして、今どう在るのか?」

ただそれだけだったんだと氣づく。

自分を変える旅から、自分に還る旅へ。

↓ ↓ ↓



> メール・メッセージ 特別音源ダウンロード

ノンデュアリティというデュアリティ (1)から(7)
タオタオ:空間ってなあに? (1)から(5)
アルケミー:夢見の技法と明晰夢の探求 (1)から(5)

この話をシェアする。

ゴール・チェーンの崩壊。

今日は新月ですね。

「理由を必要としない空白」

その空白にたいていの答えがあるものです。

例えば、ゴールを設定したとき、その向かうべき場所については様々な条件があり、その条件のひとつひとつにも条件があります。つながりが連なって構造化されています。僕はその連鎖を

「ゴール・チェーン」

と呼んでいます。

ゴールを達成したら、いったい何が起きるでしょうか?

ゴールチェーン

そこにある構造はその到達によって崩壊します。

ゴールの達成とは新しいものを創り出すというより、すでにあった「ゴールに向かっている自分」というゴール構造を消し去ることです。

ゴール構造が消えると、人は心から安堵します。

「ほっ」

自分が前よりもちょっとだけ好きになり、自分をより認めることができるようになります。ですから、また再び次のゴールを目指すのです。それで再びゴール構造を創造します。

ゴール構造の崩壊には、もうひとつの方法が存在します。

ゴールに向かうのではなく……それは

空に落下することです。

すると、ゴールに到達しなくてもゴール構造は消えます。

ゴールチェーン

なぜかというと、すべての根源的な意図は、上の図にあるような三角形の「点」にあるからです。点にはそこまでの距離という概念も、それに含まれる情報もありません。

意識は嘘をつくことによって、ゴールを目指します。

その嘘が鎖のようにつながった状態がゴール・チェーンであり、それが集まってゴール構造を創り出しています。「未だ辿り着けない」と思いこむことによって、ゴールまでの距離と到達までの時間が完成するわけです。

つまり、意識が経験すこの世界だって嘘の連鎖でできていて、実は、ゴールまでの距離も時間も無いというアクチュアルな真実を隠蔽することによって、このリアル世界を創り出すことができています。

僕たちは知ってることに知らないふりをすることで知るという経験ができますし、氣づいていることに氣づいていないふりをすることで氣づく瞬間を経験できます。

まー、言葉にするとヤヤコシイ図式です。

空への落下とは、例えば

「どうしたらゴールに近づけるのか?」

という問いを 「なぜ?」 に変えてみること。

これについて、『人生のシフト』という本で、意図問答を紹介しています。この意図問答では、このゴールチェーンを達成していくのではなく、チェーンのありのままを見て消去していくプロセスです。

ほとんどの人は、ゴールに向かって前進するためには「意志の力」が必要だと考えます。そのためには自分を押さえつけることが必要だと習ってきました。前進のためには「意志の力」を発揮して、自分をその方向へ向かうように、上手に抑圧する必要がある。そして抑圧によって距離を埋めていく。それが最短ルート。

けれども、ちがうのです。

本当の意味で人を前進させるのは

「意図の力」です。

意図問答はゴールチェーンにある嘘を見破り、時間と空間にかけられている魔法を解いて、ありのままの意図を明らかにします。すると、ゴールへの到達はどちらでもよくて、質的にはすでに達成されている自分を発見します。

意図問答のやり方自体は単純です。ただ同じ問いを問いかけて深く掘り進めていくというもの。たとえば、「したいこと」や「したこと」をひとつあげて、「それはなぜ?」と問いかけるわけです。

そのなぜ?を、過去と未来へ投げる否定形ではなくて、「さらに自分が創り出したいもの」もしくは、「さらに自分が深い部分で望んでいること」へさらにさらにとテンポよく問いかけていきます。

問「なぜ今それを飲んでいるの?」
答「コーヒーの香りを楽しみたいから」
問「なぜ、コーヒーの香りを楽しみたいの?」
答「頭がすっきりして新月のブログ記事がこんなふうに書けるし」
問「なぜ、……」繰り返し、繰り返し。

繰り返される問いに対してもちろん正しい答えはありません。

自分自身でしっくりくる言葉を探っていく……するとその答えは、固定されていて確固たる頭で納得のいくものより、抽象度が高くて言葉では表現しがたい感性、目に見える形があるものではなく目に見えない質、他でもない自分の内側に響いている真実となっていきます。

光、喜び、空(くう)、虚無、すべての源。

そこで出てきた言葉は、ありがちな言葉だったとしても、言葉を超えた意図を持っています。

頭で考えることに慣れている僕たちは、問いに対して正しい正解を探そうとします。自分の内に響く真実よりも、一般的で、きれいにまとまった理由、誰から見ても明確な理由を探そうとします。

セミナー慣れしすぎている人は、大抵、セミナー用のカードを持っているので、それをまず出してきます。思考で編み出した、人に聞かせてもかまわない、小慣れた答えがそれです。そのカードによって自分は目をそらし続けることができます。

ですから、深く理由を探り出そうとすると、心がざわざわして、かしこい声が耳元でささやきはじめるんです。思考の声はとても信憑性があるような音だけど、どこか、せかせかしていて、焦燥感があり、圧迫された感覚を持っています。

本当の答えはそれを超えたところにあります。

点の意識から目の前のゴールを見据えるということ。

理由のいっさいを手放して、

自分を信頼してみることからスタートすること。

理由があるから信頼するのではなくて、

ただ信頼すると今この瞬間に決めてから取り掛かること。

直に、その信頼に触れてしまえば、信じようとする理由もない、そもそも疑う理由すらありません。

いかなる理由づけもいらない。

そんなときにこそ、自分なりの、自分だけの、自分だからこその一歩を踏み出すことができるのだと思います。

↓ ↓ ↓



> メール・メッセージ 特別音源ダウンロード

ノンデュアリティというデュアリティ (1)から(7)
タオタオ:空間ってなあに? (1)から(5)
アルケミー:夢見の技法と明晰夢の探求 (1)から(5)

この話をシェアする。

107つの習慣、良い習慣の呪い。

自由であることは大切だなあ、と思いつつも、

「自由になるための7つのステップ」

みたいな構造は、ときどき、僕を「おやっ」とさせるんです。

〇〇メソッド、〇〇ワーク、〇〇の習慣……きっと……

習慣をプラスしていくことが成功につながると、思い込むとき。

107つの習慣が「108つの習慣」になったのなら……もっと……

表面上のやり方が変わり、そこから派生する結果が変わっていたとしても。根本的にはちっとも変わっていない。そんなことって、あります。その場合は何よりも立ち止まってみる時間が必要なのかもしれません。

僕は20代の頃、革張りの分厚いスケジュール帳(ジッパー付き)を持ち歩き、日常をあらかじめ固定された予想と予定で満たし、膨大な目標とTODO(やるべき)リストをパンパンに詰め込んでいました。

習慣、それが良いことなら柔軟に取り入れよう、という柔軟でない、カタクナナ思いに囚われていたんです。107つの習慣にプラスワンすれば、その108つ目の習慣が、僕をもっと自由にしてくれるんじゃないか? 自由な自分を求めて、なぜか、囚人のようになっていく、その構造は、まるで呪いのようなものかもしれません。

情報にあふれた社会は、僕たちにいつもやわらかな脅迫を仕掛けてきます。

「このままで本当に大丈夫ですか?」
「現状には何か欠けていませんか?」
「幸せになりたくはないのですか?」

Facebook、Twitter、目の前で膨大な情報が流れていく姿ながめていると、まるで渋谷のスクランブル交差点。とんでもない大都会の大雑踏の中、誰もが自らの行くべき場所を見つけているのに、僕はただ一人ぽつんと、どうしていいかわからず立ち尽くしているように感じることがあります。

そこで、仮でいいのでどこかを目指し一歩を踏み出すことで、あたらしい道が開けることもあります。

また、それとはちがった視点では、人生にとってそんな瞬間は、とても大切なチャンスになり得ることがあります。

心が空っぽになっているとき、これまでのように誰かに問うことをやめてみる。

そして他でもない、自分自身に問いかけてみたら、どうだろう。と。

「私は心の底では何を望んでいるのだろう?」

「なぜ私は今の現実を選んでいるのだろう?」

「今この瞬間に何に氣づいているのだろう?」

いくつもの膨大な目標を達成しないと幸せになれない、そう思い込んでいるのなら…

人生において何を達成しないのか、達成しないことを選ぶことで、あたらしい道が開けるかもしれません。

必要な習慣を身につけ習得することが大切だ、そう思い込んでいるのなら…

すでに自分はどれほどたくさんの必要が身につけられているか見つけることで、あたらしい道が開けるかもしれません。

知識を加えていくことが習慣化され、さらに新しい知識を求めているのなら…

その当たり前だと思い込んでいた知識のひとつを疑ってみることで、あたらしい道が開けるかもしれません。

呪縛に氣づくと、もう呪縛は消えています。自分次第なんですから。

自分が他でもない自分に課したルールにガンジガラメになっている自分を発見すると

確実にあたらしい道は開けます。

自分を変える旅から、自分に還る旅へ。

↓ ↓ ↓



> メール・メッセージ 特別音源ダウンロード

ノンデュアリティというデュアリティ (1)から(7)
タオタオ:空間ってなあに? (1)から(5)
アルケミー:夢見の技法と明晰夢の探求 (1)から(5)

この話をシェアする。