芋粥。

芥川龍之介の短編小説、芋粥。

羅生門・鼻・芋粥 (角川文庫)

それはこんなお話です。

主人公は役人の五位(←役職の名前らしい)です。

五位は、さえないおっさんで同僚たちからもいつも馬鹿にされています。

でも、そんな彼にはたったひとつだけ夢がありました。

その夢は、年に1度しか食べることのできない、おいしい芋粥。その芋粥を、ゴクゴクまるで飲み物かのように、飽きるほど食べてみたい。そんなささやかな夢。

それを耳にしたとある武人が、「よっしゃ!お前の夢を叶えてやる!!」と、五井を連れ出し、「すぐ近くだから!」といって、2日かけて京都から福井まで馬を走らせます。立派な屋敷につくと、そのまま五井は疲れて寝てしまいました。翌朝、目を覚ますとそこには何十人もの人が、まるで祭りのように大量の芋粥を作っている光景でした。

ついに夢が叶う瞬間。

それを目の前にして、五位は一瞬で食欲を失います。

遠慮するな、という武人に、せっかく自分のために作ってくださったのだから、と五位は必死にそれを口にしようとします。しかし、彼は最終的にほとんど芋粥を食べることができなかったのです。

そして、五位がかつて幸せだった自分を思い出す姿にて物語は閉じます。

「芋粥を飽きるほどゴクゴク食べたいなあ」

という、叶わぬ夢を大切に抱いていた、幸せな自分を。

自分を変える旅から、自分に還る旅へ。

let it happen,

just actualize who you truly are…

五位は、芋粥を飲んでゐる狐を眺めながら、
此処へ来ない前の彼自身を、なつかしく、心の中でふり返つた。
それは、多くの侍たちに愚弄されてゐる彼である。
京童きやうわらべにさへ「何ぢや。この鼻赤めが」と、罵られてゐる彼である。
色のさめた水干に、指貫さしぬきをつけて、飼主のない尨犬むくいぬのやうに、
朱雀大路をうろついて歩く、憐む可き、孤独な彼である。

しかし、同時に又、芋粥に飽きたいと云ふ慾望を、唯一人大事に守つてゐた、幸福な彼である。

芋粥 芥川龍之介

牧野内大史(まきのうち ひろし)作家、コンサルタント。著書に『人生のシフト』(徳間書店から)スピリチュアル翻訳者として著名な山川紘矢さん 亜希子さんご夫妻 あさりみちこさんとのセッション本(ヒカルランドから)や、監修翻訳を担当した『ソウル・オブ・マネー』(リン・ツイスト著)等がある。2014年にIFEC(国際フラワーエッセンス会議)に日本人ゲストとして登壇した。長野市在住。