Sign up with your email address to be the first to know about new products, VIP offers, blog features & more.

ビッグバンの瞬間に運命は決まっていた?

YouTube video player

> 自分の選択が、本当に自由意志による選択であるか?

選択がひとつの結果であれば、その原因は「自由意志による選択」ということになりますよね。そこで、よく考えてみると……その原因ですら、何かの結果にしか過ぎませんから、あらゆる意志選択は

無限後退しがちです。

無限後退とは、正当化の連鎖が拡散することです。

自由意志はあるか?

自由意志でそれを選んだと主張する存在に「なぜ?」とたずね、

A:その問いに答えられるなら、

→ その理由の理由の理由…(以下、無限後退)の根拠があるし

= 結局、自由意志で選んだわけではないよね (主体の拡散)

B:その問いに答えられないなら、

→ 初めから選択自体に意志があったと言い切れないわけで

= 結局、自由意志で選んだわけではないよね (主体の不在)

スファエラ

円を無限に拡げていき無限に後退していくと、やがて意志自体が溶けて消えていきます。宇宙のすべては宇宙のすべてと繋がっているわけですから、今、目の前で何かが起きている理由根は理屈上、宇宙の円周まで拡散していきます。

その選択についての全幅の確信や信頼が無いのであれば、

「じゃぁ、それってサイコロを振っているのと同じでいいよね?」

(自由意志 = たまたま・乱数・ランダム・偶然)

つまり、

そこに選択した「わたし」という存在はいないのです。

その瞬間、すべての「選択していること」は、

途端に「選択させられていること」に閉じこめられます。

これと同じように、もしも、あなた自身がその円の拡散を収束させていく視点を持つのなら、その中心点に、選択した「わたし」は確かに存在します。

以上が、センタリング、スファエラの解説です。

僕たちは、自分の原点をどこに置くこともできます。それは、「どこかに置かなくてもいい」(拡散)のと同じくらい、「どこにでも自由に置くこと」(収束)ができます。

そのために必要なステップはありません。

氣づいた瞬間に、ただ選ぶだけ。

自分が自分であることの体感にもとづいて。

その「自由意志」を発動することによって。

この宇宙にたったひとりの自分を謳歌してください。

そのために歴史に埋もれてしまった
錬金術師たちの知恵を使っていただけたら

これ幸いです。

自分を変える旅から、自分に還る旅へ。

↓ ↓ ↓



> メール・メッセージ 特別音源ダウンロード

ノンデュアリティというデュアリティ (1)から(7)
タオタオ:空間ってなあに? (1)から(5)
アルケミー:夢見の技法と明晰夢の探求 (1)から(5)

この話をシェアする。