ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』

日本でもミュージカルの舞台になっていますね。

旧東ドイツ生まれの性転換ロック・シンガー、ヘドウィグが怒りの1インチ! 自分をどの性にも属さなくさせている「自我」を超えて、両極の統合をしていく……というお話(勝手解釈)

ここで重要なモチーフとして登場するのがプラトンの『饗宴』に出てくる話。

『饗宴』ってのは、もう2000年以上前に書かれた飲み会で皆が「愛」について語り合うベタな設定の物語なのですが、有名なのは喜劇作家のクリストファネスが語る伝説です。

もともと、人間はお互いが背中でくっついた

2人ー1対 の存在だったんだよ。

「愛」とは、この「まったき身体」を求める衝動さ。

そんな設定は「愛の起源 The Origin of Love」

というとても素敵な歌になっています。

Youtubeにアップされていたので、ここに貼り付けました。

まだであれば、ぜひ聴いてほしいです。

The Origin Of Love – Hedwig And The Angry Inch
https://www.youtube.com/watch?v=_zU3U7E1Odc

卒業制作で日本語訳がついたもの。
HEDWIG AND THE ANGRY INCH “origin of love”
https://youtu.be/K1gKxApngu8

「あなたにとってのわたし」

が優位であることが、多くの問題を複雑化させています。

多くの人が「わたし」だと思いこんでいるのは「わたし」ではなくて「誰かさんにとっての私」である、ということです。

もちろん、この「誰かさんにとっての私」ってのは幻想にすぎませんよね。

そこから一歩、ひいて……純粋な「わたし」を観察すると、もっとちがった世界が見えてきます。

自分を変える旅から、自分に還る旅へ。

いいね!で最新情報を受け取ることができます。

牧野内大史(まきのうち ひろし)作家、コンサルタント。著書に『人生のシフト』(徳間書店から)スピリチュアル翻訳者として著名な山川紘矢さん 亜希子さんご夫妻 あさりみちこさんとのセッション本(ヒカルランドから)や、監修翻訳を担当した『ソウル・オブ・マネー』(リン・ツイスト著)等がある。2014年にIFEC(国際フラワーエッセンス会議)に日本人ゲストとして登壇した。長野市在住。