ゲーム世界の未来とUnityAdam。

何をレンダリングするか?

そして、何をしないのか。

Unityとは

ユニティ・テクノロジーズが開発した、マルチプラットフォーム対応ゲームエンジン。

ゲームエンジンというのは個人でもプロと同じ環境でゲームを作れるように効率化されたソフトウェアのこと。ここでは専用のエディタが用意されていて、難しいコードを書かなくても、例えばクリックとドラック&ドロップでゲーム世界を創っていくことができたりします。

UnityはドラゴンクエストVIII(スマホ版)が採用したことでニュースにも。去年、リリースされた『Adam』というデモ映像を見たときはびっくししました。

ゲームはプレイヤーが自由に操作するものです。そのため、あらかじめレンダリングできません。レンダリングというのは、高次情報から具体的な映像や音声、その質感を生成する作業。その世界の、書き出しのことです。

僕も以前は仕事でよく行っていたのですが、アングルを設定しておいて3D映像を書き出す(=レンダリング)します。すると、ほんの数秒の映像のレンダリングに場合によっては、2、3時間かかったりするんですね。たいてい、レンダリングがはじまったら、「晩ご飯に行こー!」とかなってたわけです。

アクチュアルな情報ソースをリアルに落とし込むためには、時間がかかります。

リアルは確定した世界のため情報量が膨大なのです。その値をハッキリ確定するためには、膨大な計算しなくてはいけないから、なんですね。

ゲーム世界では、この計算処理をリアルタイムに行っています。それはあらかじめ決められたアングルだけではなく、プレイヤーが前後左右、自由にその世界を動き回るから、この値を最初から決めておけないためです。

例えば、僕たちのこの世界でコーヒーカップをいつもとはちがう角度で眺めたら、

「タダイマ読ミコミ中デス……」

とはなりませんよね。すべてリアルタイムで、パッと見れます。

それが、現実世界(リアル)というものです。

そう、それで『Adam』これがリアルタイムの映像。ぜひ、見てみてください。

写真・動画 Unity – Adam より

え? これ映画ですか?

CG映画のような出来。

この映像をリアルタイムで書き出している、というのです。

つまり、リアルタイムで操作することもできます。

#adam #unity

マッキー Mackyさん(@makinouchihiroshi)がシェアした投稿 –

これらの技術がひと握りのクリエイターだけなく、誰にでも使えるな未来が今やってきているんですね(ゲームエンジンUnityは大企業はもちろん、インディーズのクリエイター、資金状況によっては無料で使うこともできるそうです)。

個人でこのレベルのCG映画を製作する人も出てくるでしょう。

つい先日、某所にて最新のゲームを少しプレイさせていただいたのですが、ホント今の技術はスゴイです。ほんの何年かでぐっと飛躍的に進化しているなと感じます。

昔のゲームってのは、思い返せばこんな感じですよ……


THE RACER PC8001 ちなみに僕もこの世代なのですが、昔のレーシングゲームはこんな感じ。技術の差は天と地ほども。

けれども、僕たちはこのような単純な直線や、記号化されたキャラクターに、完全に自分を同一化させ、ゲーム世界を楽しんでいました。

この原点に振り返ることが、映画やゲーム業界にとっての、次の進化があります。

ここで、予言めいたことを書いておくと……

人間は外にあるリアリティに同調するのでなくて、自分の内側でリアリティを統合させます。ですから、ゲーム世界というのは、詳細な情報を盛り込んだ手紙よりも「テレパシー」に近いと、僕は考えています。

世界観を共有するテレパシー……

そのため、今後、きっとゲームの製作チームには心理学者が加わったり、催眠療法士がコンサルタントとして関わるケースも出てくるでしょう。ゲーム世界はコンピューターの中にあるのではなくて、人間の中にあるからです。 マッキー勝手予言

ゲーム世界の醍醐味は、自分の中で起きる体験にあります。

描かれたものよりも、描かれないものにこそ、人間が自ら描く余地があります。

つまり……

リアリティの追求には、「何をどうレンダリングするか?」よりも

実は「何をどうレンダリングしないのか?」の方が重要なんですね。

自分を変える旅から、自分に還る旅へ。

牧野内大史(まきのうち ひろし)作家、コンサルタント。著書に『人生のシフト』(徳間書店から)スピリチュアル翻訳者として著名な山川紘矢さん 亜希子さんご夫妻 あさりみちこさんとのセッション本(ヒカルランドから)や、監修翻訳を担当した『ソウル・オブ・マネー』(リン・ツイスト著)等がある。2014年にIFEC(国際フラワーエッセンス会議)に日本人ゲストとして登壇した。長野市在住。