自分を変える旅から、自分に還る旅へ。

こんにちは。牧野内大史です。公式サイト(パーソナルパワー)へようこそ。
ここでの「パーソナルパワー」というのは、「自分を源として生きる力」のことをいいます。

この社会では多くの人たちが、自分という源を忘れ、その力を外のシステムや他人に明け渡してきました。
何を隠そう、僕もその一人です。僕はあなたがそうであるように、人生でもがき苦しみ傷ついてきた人間の一人です。仕事やビジネスにおいて。まわりの人間関係や家族関係、心身の健康。あらゆる夢と現実、そして、成功と失敗に。

人生に行きづまったとき。まるで自分が固くて冷たい牢に閉じ込められているような感覚になりました。そして、自分の外側の世界のすべてに対して怒り狂い、その現状をどこか他人のせいにしてきました。

“あること”に、氣がつくまでは…

牧野内大史 プロフィール

コンサルタント。シンクロニシティクラブ主宰。

何者でもない20代。放浪の旅の末に、自分自身と出逢う。

その後、コンサル会社を設立し企業の人材開発・教育プログラムの制作に関わる。当時開発されたシステムは人材育成・メンタルヘルスの現場で活用され、現在も様々なプロジェクトを成功へと導いている。不定期でマネジメント、コミュニケーション等のテーマで企業研修も行っているものの、2008年より主に個人の内なる力(パーソナルパワー)にフォーカスした活動を行っている。

「自分を変える旅から、自分に還る旅へ」をキーワードに、イメージ療法を取り入れた講演・執筆・ワークショップなどを展開。その独特な語り口による講演会は、日本国内のみならず海外でも開催され反響を呼び、ラジオパーソナリティーとしても活躍。自分の内なる源とつながるセンタリング音源は全国で5万人以上が体験する。

著書には『人生のシフト』(徳間書店より)などがある。

対談書籍としては、数々のスピリチュアル名著の翻訳者として著名な山川紘矢さん・亜希子さんご夫妻、あさりみちこさんとコラボレーションした『なんだ!こんなふうに生きればよかったのか』がヒカルランドより出版されている。

翻訳・監修者としては、出版後10年間も日本で紹介されてこなかった、お金の本質に迫った名著『ソウル・オブ・マネー』(リン・トゥイスト著)を2013年に翻訳し出版。まだ国内では馴染みのなかったファンドレイジング(非営利活動の資金調達)に光を当て、ビジネスやライフスタイルの在り方など、様々なテーマにおいて話題となる。

2014年には世界最大級となるフラワーエッセンスの祭典、国際フラワーエッセンスコンファレンス(IFEC2014)にて、日本国内ゲストとして登壇。代替医療・ホリスティック療法(特にイメージ療法)についての講演を行った。現在は自然豊かな長野オフィスにて様々なプロジェクトを手がける一方、多くの人たちが「自分らしく生きること」をサポートしている。

メールメッセージについて。

現在、コーチングのご依頼やセッションのお問い合わせを多数いただいています。ひとりひとり、顔の見えるコミュニケーションを大切にしたいと考えているので、基本的に各種コンサルや非公開イベントなどの募集はシンクロニシティ・クラブ内のみでお届けします。クラブからのメッセージはメール(無料)にて、今すぐ受け取ることが可能です。

一通のメールから、一期一会。素敵なご縁がつながることを楽しみにしています。