『フラットランド』 まず第1部の更新が終わりました。物語においては導入部分であり、ここから始まる多次元旅行の設定、背景をお話ししたという感じでしょうか。

第1部 この世界

 「忍耐強くあれ、世界は広大なのだから」

 (シェイクスピア『ロミオとジュリエット』第3幕からの引用)

第1章 フラットランドはどんな世界なのか

第2章 フラットランドの風土と住居

第3章 フラットランドの住人

第4章 フラットランドのご婦人

第5章 フラットランドでお互いを認識する方法

第6章 フラットランドの視覚による認識

第7章 フラットランドの不正規図形

第8章 古代フラットランドの色彩技術

第9章 フラットランド色彩法案とは

第10章 フラットランド色彩暴動の鎮圧

第11章 フラットランドの聖職者

第12章 フラットランドの聖職者による教え

第2部 ほかの世界

 「ああ、すばらしい新世界。このような人たちがいるとは!」

 (シェイクスピア『テンペスト』第5幕からの引用)

第13章から……

アマゾンランキング
『フラットランド―二次元の世界から多次元の冒険へ』
エドウィン・アボット・アボット(著) 牧野内 大史 (翻訳)

自分を変える旅から、自分に還る旅へ。

↓ ↓ ↓



> メール・メッセージ 特別音源ダウンロード

ノンデュアリティというデュアリティ (1)から(7)
タオタオ:空間ってなあに? (1)から(5)
アルケミー:夢見の技法と明晰夢の探求 (1)から(5)

フラットランド 第1部 この世界2017年5月28日
をクリックすると、本来の色に還ります。今日もありがとう。

Related Posts
最近の更新情報
pakuline